抗酸化力とは

アスタキサンチン画像
突然ですが、みなさんは「身体が酸化する」ことを御存知ですか。「酸化する」とは、物質が酸素と反応することによって起こる現象です。つまりここでいう「さびる」とは、「鉄が錆びる」などと同じです。 「身体がさびるなんて実感ないな」と思っている方も、実は日々身体が酸化している、つまり錆びているんです。このサビを食い止めてくれる強い抗酸化力を持っているのが、近年注目を浴びているアスタキサンチンです。

アスタキサンチンについて説明する前に、「体がさびる」ことについて具体的にご説明します。
まず、身体を錆びさせているものとは一体何なのでしょう。それは「活性酸素」と呼ばれる物質です。活性酸素は本来体に必要な物質です。病気から身体を守ってくれることで有名な白血球は、外部から侵入してきたウィルスや細菌を取り込んで分解してくれますが、この分解に関与しているのが活性酸素です。

ですが、この活性酸素は諸刃の剣でもあります。活性酸素は身体を構成する物質である脂質などを酸化してしまい、細胞に損傷を与え得る物質だからです。もちろんこんなことが起こらないように、私たちの身体には活性酸素を除去する抗酸化酵素というものも存在します。健康な方や若い方はこの抗酸化酵素によって活性酸素から身を守っているのです。

ですが残念ながら年齢を重ねるごとに、自然に備わった抗酸化力は衰えていきます。また、ストレスや過度な運動、喫煙や紫外線によるダメージ等によって活性酸素が過度に増えた場合も、自然の抗酸化力が追いつかず、結果「体がさびる」原因を作ってしまいます。こうして活性酸素が過度に増えると、ビタミンCが破壊され、肌のシミやシワが生成される原因になるほか、コラーゲンが破壊されて肌がたるんだり、ひどい場合はがんを引き起こす原因を引き起こすことにもつながってしまいます。

聞くだけでも恐ろしい活性酸素ですが、冒頭でもご案内したとおり、この活性酸素を除去するほどの抗酸化力をもつといわれているのがアスタキサンチンです。
アスタキサンチンとはエビなどの甲殻類に含まれている、カロテノイドと呼ばれる色素物質です。カロテノイドは抗酸化物質として以前から知られていたのですが、中でもアスタキサンチンは高い抗酸化力を持つ物質であることが研究の結果明らかになってきました。

しかもその抗酸化力は私たちの体にも良い影響を及ぼしてくれるのではないかということが、近年様々な研究から明らかになってきました。

アスタキサンチンの抗酸化力

アスタキサンチンの抗酸化力は非常に高く、同じく抗酸化物質として知られているßカロテンの40倍、ビタミンEの550倍とも言われています。

アスタキサンチンの抗酸化力は、様々な症状に効果があると言われており、疲労回復や肌を守るのに有効ではないかと言われているのです。体の疲れが気になる方や、肌荒れが気になる方は、ぜひアスタキサンチンを試してみてはいかがでしょうか。