鮭から気軽にアスタキサンチン

アスタキサンチンとは、鮭やいくらに含まれる赤色の色素で強い抗酸化作用を持っています。
この、鮭に含まれるアスタキサンチンとはどのようなものでしょうか?
鮭

・アスタキサンチンの含有量

アスタキサンチンとは、海のカロテノイドと呼ばれ、赤色の天然色素で
赤色の生物に含まれ、さけ、イクラ、カニ、エビ、などに多く含まれています。
エビなどは、生きているときは、たんぱく質と結合しているためくすんだ色をしていますが
加熱することによって、分離し鮮やかな赤色になります。

鮭が赤い色をしているのは、アスタキサンチンを持つオキアミなどのプランクトンを食べることで
もともとは、白身の魚ですが体に、アスタキサンチンを蓄えて赤色に染めます。
この様に、食物連鎖のなかで、食物を通してアスタキサンチンを蓄積しているため、養殖の鮭のエサにアスタキサンチンを
含んだものを与えることで、身の色をコントロールしています。

・アスタキサンチンの効能。

アスタキサンチンは、カロテノイドの一種ですが、特に強力な抗酸化力があり、ビタミンEの1000倍と言われています。

*眼精疲労を改善

アスタキサンチンは細部にまで行き届き、目の奥まで行き届くことが出来るため
眼精疲労の改善効果があります。

*眼病の予防

抗炎症作用から、眼病でも、中途失明の可能性もあるブドウ膜炎の予防効果があります。
ブドウ膜炎とは、加齢により、網膜の視機能が集中している黄斑が変形し歪み視野狭窄が起こる病気です。
また、緑内症にも効果があると言われています。

*動脈硬化の予防

抗酸化作用から、体内で過剰に発生した活性酸素を抑制し、動脈硬化の予防作用があります。

*ダイエット効果

筋細胞内の脂肪を分解するときに必要なたんぱく質の働きを促進し、運動中の脂質の利用を高めます。
血流改善効果より、代謝もスムーズになりメタボリックシンドロームの運動療法などにも有効です。

*筋肉の疲労を軽減

筋肉中のグリコーゲンの使用量を抑制することから、内臓脂肪をエネルギーに使うようにし、
グリコーゲンの備蓄量が減ることが抑制され疲労遅延、持久力を高め、筋肉の疲労物質、乳酸の生成を抑制します。
ランニングのような持久的運動では運動中に発生する活性酸素が筋肉の損傷を起こしますが、
抗酸化作用から活性酸素を抑制し、筋肉の損傷を抑制することで運動パフォーマンスも向上します。

*美白、美肌効果

抗酸化作用より、紫外線の光老化による、しみ、しわ、の予防効果があります。

*免疫力の強化

抗炎症作用があり、また抗酸化作用から、免疫力を高めます。

・アスタキサンチンを摂るのは鮭がよい

アスタキサンチンはエビやカニにも含まれますが、カラに多く含まれており
身に多く含まれる、鮭がおすすめです。
年末に頂いた、新巻鮭などは、鮭フレークにしておけば、いつでも手軽にご飯にかけるだけで
アスタキサンチンを取ることが出来ます。

鮭フレークの簡単な作り方は、鮭をやき、ほぐしてあついうちに酒をかけて保存します。
お好みで、いりごまを加えてふりかけのようにしたり、おにぎりを作るときに混ぜたりなど
常備しておくととても便利です。